埼玉 行田 葬儀 葬儀場 家族葬 行田セレモニー

葬儀 葬式 葬儀社 葬儀場 埼玉 行田 行田セレモニー

| 会社情報 | 採用情報 | サイトマップ |

行田セレモニー HOME 行田セレモニー 式場・斎場 行田セレモニー 料金・価格 行田セレモニー 実績FAQ 行田セレモニー 葬儀の流れ マナー 行田セレモニー 会葬者の方へ

 

ドキュメント 葬祭ディレクター

1級葬祭ディレクター横川英士の

私小説 葬祭ディレクター誕生物語

横川英士《プロローグ》

みなさんコンニチワ。からだは大きいけど気は小さい葬祭ディレクターの横川です。
 さて、そもそも葬祭ディレクターって何?と思っている方も多いことでしょう。ここではその葬祭ディレクターについての「表」と「裏」のお話を致します。葬祭従事者としての実務及び知識において一定のレベルを保持しているかどうかを審査し認定するのがこの制度なんですが、試験範囲は究めて広く、司会・幕張の実務から宗教儀礼・相続・遺言・民法・心理学など多方面にわたっています。
 いざ、試験にチャレンジしようと奮起したものの、参考書も電話帳なみの厚さ。30歳を超えた脳には少しツライ…しかし業務のあいまに時間を見つけては、社員同士で問題をだしあったりして日々勉強を続けてきました。
 試験内容は、というと・・・大きくわけて学科試験実技試験に分けられます。実技はさらに「司会」「幕張」「交渉実演」の3つに分けられます。「幕張」では下の図のように所定の机に画鋲を使ってヒダ幕を作っていく作業。その制限時葬祭ディレクター間は7分。はじめは「こんなの時間内にできるはずない」と弱気になっていたんですが、毎日練習を重ねていくとアラ不思議、画鋲使いにも慣れて時間内にこなせるようになりました。「交渉実演」は試験官がお客さんになって様々な質問を浴びさせてきます。それをひとつひとつ丁寧に、実際にお客さんに接しているように答える試験。単純にイエス、ノーだけじゃダメ。なぜ・どのように・いつ・どこでっといったような明確な答弁をしないと点数がかせげません。学科試験はマークシートで選択肢だが、これはしっかりと知識をもってないと答えられない。一番勉強に時間を費やしました。


《試験・幕張》

 試験当日、緊張して都内の会場に向かうと黒い背広を着た人がウジャウジャいて、これが全員葬儀屋か…と思うとちょっと異様な雰囲気。そして試験開始。受験者はグループごとに分けられ、それぞれの会場に向う。私ははじめは「幕張」の試験だった。ここでつまずいたら全部に影響する・・・と思い気合をいれていく。時期は真夏。ネクタイをとりワイシャツも脱いで、肩には汗をとるタオルの臨戦体勢。「ヂリリリ・・・」と鳴るベルと同時に幕張を開始。布のこすれ合う音と足音だけが会場内に響き渡る。練習では1分以上の時間を残して完成させている。「慌てず、休まず・・・」自分に言い聞かせながら黙々と作業を進めていく。
 そしてまもなく完成っていうときに、ハプニングが起こった。机の裏側をかくす幕の長さが足りない!(*O*;)やばいっと思うも不思議にも気持ちは落ち着いていた。すぐさま机の脇に余ってぶらさがっていた布を切り取って張り、何とかカタチをとりつくれたところで時間終了。練習の成果1分以上の時間の「保険」のおかげで滑り込みセーフってとこか。とりあえず試験官が廻って審査するまでその場で待っていると、隣のブースの受験者が何を勘違いしたのか、さっき己葬祭ディレクターが作った幕を剥がし片付け始めているではないか。「おいおい、まだ審査は済んでないぞ・・・」と思っているところへ審査官が到着。「あっ何をやっているの!?」と言われ、ようやく事の重大さに気付いたその受験者。机には先ほど張った美しいヒダ幕は無く、試験前の状態に元通りのまま。見る見る顔は青ざめて、「さっき終了と言われたから、終りかと思って片付け始めちゃったんです・・・」と言い訳しつつうろたえる。完成時は私より彼のほうがヒダ幕が綺麗に仕上げっていた。しかし結果がこうなってしまうとは皮肉なものである。結局そのドタバタで隣の私の審査は一瞥のうえアッサリ済まされてしまった。その後の彼の試験結果はどうなってしまったのか、定かではない。


《試験・司会》

 「実技試験で一番引っかかるのが司会だ」とは言われていた。しかし落ち着いてやればだいじょうぶだろうと思って臨んだが、甘かった。
 名前を呼ばれてブースに向うと、小さい机を前に2人の審査官が座っていた。その真向かいに座って試験に臨むのだが、隣のブースの目隠しのため周囲はコの字型に仕切られており、刑事ドラマの取り葬祭ディレクター調べ室のようだ。実際の葬式の現場で司会をやるのとはまったく雰囲気が違いとまどってしまう。また「ヂリリリ・・・」というベルが鳴って試験開始。立ち上がって司会を始めるのだが、例題は社葬をイメージしたもので、会社名、役職、葬儀委員長、弔事者、指名焼香者の難しい名前がズラズラ並ぶ。しかもたった二人の試験官の前なのに実に緊張する。普段は何百人の前で司会しているのに何故・・・っと思っているうちに「葬儀委員長」の名前と「弔事者」の名前を入れ替えて言ってしまった!(*O*;)やばい・・・一瞬司会が止まる。試験官の顔をチラッと見ると二人とも採点表を見ていて表情を伺うことはできない。・・・やってしまったものはしょうがない、とそのまま司会を続行。時間内に終了して着席するが、先ほどのミスを悔やんで落ち込む。
 結局、言われたとおり、司会でつまづいてしまった。失点が合格ラインを大きく下げないけことを祈るしかない。


《試験・交渉実演》

 一番の難関と思っていた交渉実演。たとえばこんな質問がでたら、こう答えなければならない。
試験官

『母の火葬許可書はA市からもらっているが、A市でないこのB市で母の遺体を火葬することになると、もう一度もらい直さないといけないのでしょうか』

答え

『死亡の届出は、本籍地・居住地・死亡した土地、の市区町村で行うことができます。そして死亡届を受理した市区町村が、火葬・埋葬許可書を発行しますが、この火葬・埋葬許可書があれば、全国どこの地であっても火葬・埋葬することができます。ただし、死亡届を提出した市区町村とは別の土地で火葬する場合は、願書が必要となる場合もありますのでご注意ください』・・・こんな問答を4問繰り返す。

 先の司会の試験でつまずきヘコんでいたが、交渉実演の試験が始ると不思議にも落ち着きシャキッとなった。この「取り調べ室」の雰囲気にも慣れたし、イスに座って話せることが落ち着きを取り戻すとことに繋がったのかもしれない。試験官のだす質問にも、相手の目を見ながらゆっくりと、我ながら明確に細部まで答えることができた。ほとんど100点満点に近いデキだったような気がする。先程の司会のミスが胸のスミに気につつも、「これでなんとか穴埋めできたかな」と安堵しつつ、実技の試験は全て終了した。


《エピローグ》

 続く学科試験も90%に近いデキで済ませることができ、全ての試験は終了した。結果は約2ケ月後、個人の自宅まで郵送によって通知されるという。司会でのミスが気になって、「やっぱりダメかな」「いや、何とか合格ラインはいっただろう」という悶々とする日々が続く。どっちでもいいから早く結果を教えてくれないと気分が悪い。しかし日用の雑務に追われて、次第に試験のことを忘れかけたころ通知書が届いた。結果は合格。忘れていた宝くじが当選していたような気分だ。何はともあれ、無事1級葬祭ディレクターになれることができた。しかし葬祭ディレクターとしての試練はこれで終りではない。合格証書とともに届いた一通の葉書にこんな言葉が記されていた。『今後より一層研鑚を積まれ知識・技能の向上を図り、「葬祭ディレクター」の称号にふさわしい人格識見を更に研かされんことを切にお願いする』・・・そう、葬祭ディレクターとして認定された者として、認定がゴールではなく、これからがスタートなのだ。私は受け取った合格証書を手にもって、業界の社会的地位の向上と信頼を確立するために努力していくことを誓うのであった。

 

1級葬祭ディレクター横川英士の

私小説 葬祭ディレクター審査官物語

《プロローグ》

みなさんコンニチワ。からだは大きいけど気は小さい葬祭ディレクターの横川です。
 今年(平成15年)もやってきました葬祭ディレクターの技能試験。今年は例年以上に受験者が増えて、審査官が不足だと言われてきました。そこで協会のほうから「一級の資格をもっている横川さん、手伝ってくれ」と声がかかってきました。
葬祭ディレクター 「人を審査する」なんておこがましくてイヤだなあ・・・と思っていたのですが、きっと初心者だし、問題用紙等を配布する程度の手伝いだろうと思っていました。しかしいざフタを開けてみると実技の審査官になっていました。
 すでにこのHPで記したとおり、この試験は学科と実技に分けられて、実技の内容は『幕張』と『司会』の実演と、審査官をお客に見立てた『説明実演』。ぼくは試験の中でも最も重要な『司会』と『説明』の項目を受け持つことになりました。とりあえず、9月9日、東京・神奈川を除く関東地区の会場になっている大宮に向かいました。


《試験会場へ》

葬祭ディレクター 今回の試験会場は大宮ソニックシティ。約600人近い受験者が集合する。当日審査官は朝8時に会場に集合。とりあえず今回の試験の概要の説明を受けたあと、それぞれの持ち場に向かう。ぼくは『司会・説明実演』の担当だから指示された会場に入ると、かつてみたあの「取調室」が・・・。あいかわらず白く高い壁で区切られた狭い部屋が30程並んでいて、圧迫感と緊張感を与える空間をかもし出している。尚、今回試験官には座布団が貸し与えられた。長時間パイプイスに座り続けるため、協会のほうからの配慮で大変ありがたかったが、ハイビスカスのピンクの絵柄は、この白く無機的な空間には妙に不釣合いで審査官の失笑を買った。
 個々のブースには各2名の審査官が配備される。これは審査結果が偏らないにするためで、まったく初対面同士が組み合わされるのだ。今回ぼくの横には、T県の某中堅互助会の支店長さんだった。年は50近くで、きっと何人の部下がいる管理職に違いない。聞くと審査官は3回目だという。とりあえず丁重に挨拶したあと並んで座り、試験問題と採点用紙の確認作業に入る。そこには今回ぼくが審査をする十数名の受験者の名前が記されていた。女性の名前も多く見られる。この採点用紙がその人の人生に多少なりとも影響を及ぼすのかと思うと、いまさら自分の責務の重さを感じ、緊張がはしる。


《試験開始》

葬祭ディレクター 9時45分。「受験生が入りマース!」という誘導係の声が会場内に響くと、ドカドカという足音が聞こえる。試験官は後ろ向きなので見えないが、受験生が割り当てられた番号のブースを探しているのが背中越しに分かる。ふとかつて試験を受けていた時の自分の姿が頭にダブった。そのうちに最初の受験生が僕たちのブースに入ってくると、「ヨロシクお願いします!」といって目の前に着座した。まだ20代と思われる彼は一目で緊張しているのが分かる程、カチカチになっている。それを見たぼくも一緒に緊張してしまった。「これは大変なことだぞ。こっちも真剣にやらなければ!」
 受験生がこれだけ必死になっているのに、いい加減な審査は出来ない。自分自身が受験生だったとき、懸命になって勉強してきたことを思いだした。きっと目の前の受験生も仕事の合間をぬって努力してきたに違いない。今日のぼくの審査の一点一点が彼らの評価を左右するのだと思うと、全神経を集中して審査をしようと思った。


《緊迫の試験とハプニング》

葬祭ディレクター 試験官のルールでは、むやみに受験生と話してはならないという決まりごとがあった。厳粛な審査を促すためなのだろうが、空気が張り詰めた会場で、目の前の試験官と50センチくらいしか離れていないなか、開始のベルが鳴るまで、無言でジッと黙っていると、受験生はますます緊張が高まってきているようだ。ついコチラから「だいじょうぶ、リラックスして(^o^)」と声をかけたくなる人情にかられるが、ここは心を鬼して、無言無表情で済ます。中には一問ごとに大きくため息をついて泣きそうな顔になる人がいたり、若い女の子の受験生から愛想を振りまかれたりすると、ついこちらも愛想笑いしそうになるが、ガマンガマン。今日ぼくは公正無私な試験官に徹しなければならないのだ。受験生はぼくのことを「なんて冷たいヤツなんだ」と思ったかもしれませんが、本当のぼくは愛想のいいやさしい男なのであることを、この場で申し上げておきます(^_^;)。
 気合を入れて始めた審査だったが、受験生の中には「おや?」という場面もぶつかったりして緊張が緩むこともあった。順番では前半は一級、後半は二級の受験生がやってくることになっていた。一級はレベルが高い。合格率は毎年50%くらいだ。それだけ勉強してこなければならない必要があるわけだが、中には「ダメでもともと」と突撃的に挑む人もあるらしい。問題にまったく答えられなかったり、司会実技でも極端に声が小さかったりして明らかに練習不足を感じ葬祭ディレクターる受験生もいた。ある時、ぼくのブースの後のほうで試験中にガヤガヤと声がしたと思うと、一人の受験生がカバンをもって会場から飛び出してしまった。後でそこの試験官の人に聞いたら、司会実技の途中、失敗したとたん彼はパニックになって「もう、やめた!」と放り投げてしまったという。「まだ説明実演の試験があるが・・・」という試験官の言葉に対しても「帰る!」といって返り支度を始めたので、『棄権』ということで処理されてしまった。葬祭ディレクタ−の受験料は決して安くはない。一級は6万円もかかる。しかも試験を受けるのに今日一日の時間を費やしている。なのに、そんな簡単に投げ出してしまっていいのだろうか?いろんな受験者もいるもんだと思った。


《エピローグ》

葬祭ディレクター 早朝から始まった試験も夕方5時30分過ぎに全ての審査を終えた。はっきりいってものすごく疲れた。長時間同じ姿勢で緊張感をもって臨んでいたせいかもしれない。ぼくは自分なりに強いて公正に審査したつもりだ。正直、「まあこれくらい、オマケしてやってもいいかな」という時もしばしばあった。しかしそれでは平等な審査にならない。自分の甘さに対し厳しい心構えでいたのも疲労の一因かもしれない。
 受験者の合否は11月頃に個人宛に通知されるのだが、審査をしたぼくらには結果のことは全て公表されない。当日の資料(問題や受験者の氏名が記載されたもの)はすべてその日の返却され、審査官たちは試験終了と同時にお払い箱になる。ぼくが審査した十数人の人たちが、どこの会社に勤めていて、どこに住んでいるのかまったく知らされていないが、顔だけはなんとなく覚えている。彼らが一人でも多く合格され、葬祭ディレクターとしてこの業界に活躍されることを心から願っている。

 
行田 熊谷 鴻巣 斎場 葬儀場 お探しの方は 行田セレモニーまで 電話0120−0983-87

| サイトマップ | HOME・新着情報 | 会社情報 | スタッフ紹介 | 採用情報  | 式場・斎場 |
 | 葬儀の流れ・マナー | 料金・価格 | お葬式相談室 | 実績・FAQ | ご会葬の方へ | 


Copyright © 2000-2010 株式会社 ヨコカワ All rights reserved.